soramizu.net

一人暮らし雑記ブログ

ちょっとおもったと

 

twitter.com

 

twitterに気になる記事があった。

この記事を見た私は、「言葉のキャッチボール」というフレーズが頭に浮かんだ。

人の感じ方は、十人十色。何気ない一言が相手を傷つけることもあれば、とまどわせてしまうことがある。このtwitterで紹介されていた一例をあげる。電車でぶつかってしまって、すみませんと謝ったAとお礼のつもりすみませんと言ったB。この場合は、AがBに対し、「この人は、謝ったつもりですみませんと言ったのだ」と認識できたから会話が成り立った。けれど、必ずしも、この圧縮会話が成り立つとは限らない。

もし、Aが認識できなかったとしたら、Aは、「なぜすみませんと言われたのか」と戸惑ってしまうかもしれない。このように、Bのように相手にきちんと伝えるために言葉を選ぶことも大事だ。それと同時にAが優れていた察する力また、あうんの呼吸も大事だと感じた。あうんの呼吸で相手が何を言おうとしているのか、何を必要としているのかを察することができれば、された人は、気持ちが良い。私もそんな見えないものが見える人を日々目指したい。でも、「ありがとうございます」と言う感謝の心は、言葉にしないと見えないのできちんと伝えたいものだ。

 

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ←クリック!




人気ブログランキングへ ←クリック